0

北泉ヶ岳山麓 – 森歩き・氾濫原

午後より、升沢遊歩道に行こうと根白石を通過。空を見ると、いい感じに雲が降りてきている。一雨あってもおかしくないような雲行き。予定を変更して、昨日行ったシダの植生地の近くに地図では湿地の記載がある。再び一人写真倶楽部のつもりで行ったのだが全部スナップ。巨岩池があった。
シダの森の近く。シダの植生地はなぜか暑い。そして虫が多い。手作りハッカ油スプレー、ディート虫除け剤、蚊取り線香、携帯ベープのフル体制である。滅多なことでは刺されない。

 

 


昨日見た巨木を通過。

 

 


地図を見ながら藪を越えて行くが踏み跡らしきものはある。きっと桜井さんのテリトリーだろう。あまりひどい藪もなく目的地の湿地帯地点。巨大な岩が密集しておりその下に水たまりというか小さな池。ぴちゃぴちゃ音がするので魚が住んでるのかもしれないが見えなかった。

 

 


雪解け時、梅雨時はここに沢から水が流れてきてもっと池みたいになっているのだろうか。今は沢は枯れている。写真では分かりにくいがここだけ、丸いエリアになっていて巨岩が覆っている。そして枯れた沢筋から冷たい風が流れてきておりここだけ天然クーラーだった。周りの低木が何か不明だったが花の咲く時期に来たらちょっと面白い場所になりそうなところだった。

 

 


葉の裏側を見ると撮りたくなる。

 

 



氾濫原に寄って帰りました。早春は花に埋め尽くされる特異な場所ですが今は花も無く心地よい森。

 

 


秋がすぐそこまで来ている。早く雪ふらないかな(笑)

 

コメントを残す