2

船形山 – 色麻コース・鏡ヶ池

山の日に船形山に行ってきました。
朝起きて、10時に出発してもまだ行く場所が決まらない。登山しちゃうとゆっくりとはしていられないので、今日は写真を撮りながらのんびり歩きたかった。升沢遊歩道に行こうとほぼ決めて、根白石に向かうが、急遽、後白髪山に行きたくなる。しかし、山頂を見ると雲が被っているのを見てパス。

そのまま七つ森を抜けて県道に入り旗坂に向かっていたのだが、船形山の山頂が遥か先にクリアに姿を現した。山の日。ご無沙汰しちゃったし行って来ようかと、山頂に上がりたい気持ちがむくむくとしてくる(笑)

時間も時間なので色麻大滝に直行。


大滝キャンプ場。盛夏はさすがに人気が無いのかあまり多くない。日差しは強いがあまり暑くならなさそうです。色麻大滝でも涼しい風が吹いており心地よかった。紙で登山届を一応出して出発。

 

 

 


湯谷地。薬師森が姿を見せる。雲は高いようだ。ガスることはなさそう。

 

 

 


山の日といえば晴れ!という日になってもらいたいものだ。今日はさほど暑くもなく良い山日和。ブナの森は涼しい。この道は、このあたりのブナを抜けていくところが本当に好きです。心洗われるよう。

 

 

 




ブナの森をのんびり歩く。

 

 

この手の風景は撮影設定が何となく分かってきた。ヤマレコやりはじめ、ブログやり始めの頃は、コントラスト効かせたシャープで濃厚な絵に好みが偏っていたのですが、最近、写真展とかで森の写真を見たからだろうか。その場の雰囲気をしっかり出せているのは、ありのままの自然の色、そんな気がする。印刷するとなるとまた変わってくるので、ブログの方をどうしていこうか模索中。本日はコントラストを意識して押えてナチュラルに撮った。

Pentaxの設定では、彩度色相ガン下げのコントラストちょいあげ、そして、モードはナチュラル。キー設定を時折上げ下げ。JPG出し。青空撮りたい時だけ、鮮やかモード。これで現像は大体は不要。しかし、こうすればこう撮れるというところまでいくのがなかなか経験値がいる。

シャドウ持ち上げをしたい時がどうしてもあったり、あまり撮ってる時間無いときは暗めに撮って、後で明るさ調整とかしかないので、山行スナップはRAWだしも同時に行っている。森歩きはゆっくり写真に集中できるのですが、山行スナップだとJPG撮って出しは結構シビアで難しい。余裕も無い。撮影設定変えたりしてじっくり撮っていると山頂に行けなくなる。もっと経験値稼ぎが必要である。一眼レフ持ちだしてまだ半年。のんびり行こう。


眺望のない展望所付近。この岩あがってみたいが、いつもスルーしてしまう。

 

 

 


まだ咲いていた。ワンコが2匹、見つめ合っている。

 

 

 


最後のガレ場急登で鏡ヶ池が見えてきた。風が無かったら帰りに行ってみようと思う。

 

 

 


栗駒山もよく見えている。山頂は雲も無さそうだ。

 

 

 


御来光岩に楽しそうに景色を眺めている方々。

 

 

 


お久しぶりです。また寒い季節になったら泊まりにきます。

 

 

 





花はめっきり少なくなりましたが、ウスユキソウは山頂から崖ルートにかけてもしゃもしゃとありました。

 

 

 


いかつい山容を見せる黒伏山。

 

 

 


仙台カゴも久しぶり。

 

 

 


月山。かろうじて雲がかかっていましたが時折山頂が見えた。

 

 

 


大東岳の上には厚い雲がある。雷が怖い夏ですが今日は大丈夫でしょう。

 

 

 


山頂には10人程度が入れ替わり立ち代り来ていたでしょうか。私は一人離れて、崖ルートへ向かい、二口山塊の方面を眺められるところでお昼を食べました。

 

 

 


するとやってきたヘリコプター。

 

 

 


ち、近い!山頂で旋回している。すわ、遭難者か!?

 

 

 


東北放送だったようです。山の日の取材クルーですね。ニュースに映ったかもしらん。

 

 

 


朝日は結構厚い雲がかかっている。夏を感じる雲だ。

 

 

 


僅かにハクサンシャジンが咲いていた。

 

 

 


この白系、不明なのが多い。あとでよく調べてみよう。山頂周辺は、現在、ウスユキソウ、ミヤマアキノキリンソウ、と、この白で彩られています。

 

 

 


先週の蔵王もでしたが、この時期、トンボが大発生する。おかげで虫が少なくて助かる。

 

 

 


蜂は減りませんけどね。最近、蜂こわくない!

 

 

 


魔女のキキのボーイフレンド。

 

 

 


最近、花にとりつく蟻を良く見るのだが、蜜を持ち帰れるのだろうか。

 

 

 


ここは多分あそこだ。定義林道の果ての治山ダムのところのザレた崖。

 

 

 


ウスユキソウに見とれる。

 

 

 


間もなく。蔵王でも蕾が多く見られた。

 

 

 


心地よい風が吹き快適だ。たっぷり90分、写真楽しみながら、久々にお山でのんびり。

 

 

 


山頂より。左、月山、右、鳥海山の方面。

 

 

 


山頂より。朝日、黒伏、山形市方面。

 

 

 


山頂より。左より、北泉ヶ岳、泉ヶ岳、三峰山、後白髪山

 

 

 


山頂より。薬師森、栗駒山、薬莱山。

 

 

 


たっぷり楽しんで下山。ゆっくり降りた。水墨画ちっくな羽を持つ蛾がいた。

 

 


下山時は無風となったので、鏡ヶ池に寄ってみました。まさに鏡だ。上に月。


ここでも20分近く休憩。無風は一瞬だったようで、その後、気持ちいい風が吹く。


静かな森、静かな池に鶯の声だけ響き渡る。


陽が柔らかくなり快適だ。


ヤシャビシャク確認。これも秋に色づくのかな。船形界隈でまだ一株しかみつけていません。


何の木だろうか。花がかわいい。



花も咲いていた。


下山すると2台。豊橋ナンバーの車が。

のんびり楽しく、住処に帰ってきたなあと感じつつの山行でした。

 

 


色麻コース、7km、11時発、12:45山頂、14時過ぎ下山開始、16時ぐらいに下山。

 

2 件のコメントがあります。

  1. こんばんは。

    爽やかな一日でしたね。
    暑いのは間違いなかったのですが、何となく秋っぽい空気の一日だと感じました(二日酔いで一日ごろごろしていただけですが…)。

    それにしても素敵な写真です。
    鏡ヶ池も神秘的です。
    この池までのルートは明瞭なのでしょうか?
    錦秋のころに是非とも行ってみたいと思いました。

  2. こんばんわ。鏡ケ池ですが、小野田コースの途中にすぐ寄れるところにあります。途中ちょっとロープのところありますが、まあ全然問題無い一般コースです。風が無いときは鏡になると思います。秋にいいかもしれませんね。

    前船、船形の地形に囲まれた窪地で、かつ、木々に囲まれた池なので風が吹きにくく、鏡になることがおおくてそう名づけられたのかな、とか想像していますがどうなんでしょうかね。

    チバさんに聞いてたら知っておられそうですが!

コメントを残す