2

日々の写真集 (2016-06)

2016/6/30 多賀城あやめ祭(菖蒲より団子、ならぬ紫陽花)

多賀城に用事があったので帰りに多賀城跡の傍で開かれているあやめ祭に寄った。屋台も出ていて賑やか。平日ですが、雨も上がり気温も程よく、数十人は来ていました。ゴージャスで綺麗な菖蒲が美しかったが、夢中になったのは紫陽花。

 

一面にあやめ。

 

 

近くに花名とともに歌も添えられており楽しめる。

 

 

ゴージャスで美しいのですが、気になるのは傍で咲く紫陽花。

 

 

雨上がりのしっとりとした紫陽花に目が行ってしまう。満開の紫陽花ではなく、ポロポロと縁から開花し始め、蕾が宝石みたいに零れ落ちそうに付いている状態が好きです。以下、紫陽花濁。

 

 




もう少し大きな紫陽花をこの構図で、そして、背景いっぱいに、光の白い玉ボケを入れて撮りたくて来たのだがなかなかそういうシチュエーションは無かった。残念。

 

 




 

 

2016/6/29 朝(庭)

 

出社前の庭先。雨のしずくが綺麗だ。

 

 

2016/6/27 夕焼け(帰宅時)

 

今日は金色でした。ここは住宅街なのですが、仙台神室、大東岳、二口、後白髪山の山脚、三峰山、そして泉ヶ岳に至るまで一望できるので、近くに住む方々は、いい夕焼けになりそうだと繰り出してきます。馴染みの顔ばかりになってきた。カメラ持つ人も何人か。

 

2016/6/24 広瀬川(お昼の散歩)

 

ニワゼキショウ(庭石菖)アヤメ科

 

 

お昼に川辺にたたずみ水面をぼんやり眺めているツガイ。

 

 

鳥を撮ってみて思いますが、鳥だけは300mmのレンズは無いとだめで、慎重な撮影も必要ですね。20mぐらい近づくとこのあたりの川辺の人に慣れてそうな鳥ですら立ち上がって離れていく。当分、レンズはこのままにして、2本を使いこなすことでやっていこうと思いますが、望遠レンズは、いわゆる、さんにっぱの、300mm / F2.8の単焦点はどえらいお値段です。20万越える。レンズ1本で10年落ちのジムニーが買える。一方で、暗めの望遠ズームの100mm-300mmぐらいのものは、シグマのやつで15,000円。どえらい違いだ。

 

 

2016/6/23 泉ヶ岳山麓(雨・早朝)

 

山頂に行かないで、雨の早朝を森のなかで過ごすシリーズ。合羽着て、傘持って、泉ヶ岳山麓。雨の中の藪漕ぎ初めて! 写真はイマイチだ。構図がどうとか、絞りがどうだという前に、被写体も当然大事ですね。

先日、船形山頂小屋でお会いした船形山の巨匠、桜井さんの森と写真を楽しむ会に入ろうかと思います。天候、季節を問わず、船形山の深い森のなかをのんびり歩く。ふっとしたものを見つける。写真を撮る。写真を学ぶ。自分に合っていそうだ。影をもっとうまく使いたい。光は多分、光が大事なんじゃなく影の部分が大事だ。現像に頼らずじっくり明るさ調整して撮ることを心がけていってみたい。鳥のさえずりと、沢の音、雨の音、森の空気に1時間半ばかり浸り心地よかったです。

 

三脚使用、トリミング無し F10, 6sec, ISO200

白黒にすると大したことないのが分かる。

 

 

三脚使用、トリミング無し F9, 0.8sec, ISO800

 

 

三脚使用、トリミング無し F7.1, 2.5sec, ISO1600

 

 

三脚使用、トリミング無し F6.3, 1/6sec, ISO1600

 

 

手撮り、トリミング無し F5.6, 1/13sec, ISO3200

 

2016/6/17 西風蕃山で栗饅頭(お昼)

 

カブトムシから西風蕃山までの道を30分だけお散歩。何もお花は咲いていないが、雨上がりの静かな森の空気に癒やされる。
お花はありませんでしたが、少し干からびた栗まんじゅうが取れました。

 

 

栗饅頭。 別名、ヒトクチタケ。

 

 

一説によると、枯れて2年目の松の木に饅頭が授かる。砂糖がたっぷり入った甘だれをとろりとかけて、こんがり焼いたような。とても美味しそうなその饅頭の様は(栗饅頭の検索画像)、見る者に思わずそれを口に入れたくなる衝動に駆り立てる。魔性の饅頭である。

 

2016/6/15 大年寺(お昼)

 

階段北側の野道コース探索

 

 

分岐を発見。やせたトラバースっぽいところ滑って危ない。5分ぐらいで階段が。

 

 

ひっそりとした墓地を通過。ずっと続く。枝をもって蜘蛛の巣を取りながら進む。

 

 

大年寺の階段の入口まで続いていた。

 

 

(コモチ)マンネングサ。葉の付け根に首なしで花がつく。しゃっきりしてて綺麗な花。
山やってそうな女の人がトレーニングで階段を登り降りしていました。

 

2016/6/14 青葉の森

青葉山で打ち合わせがあったので30分だけ早く出て、雨の上がった青葉の森をお散歩。花は皆無と言っていいほどないですね。早春にはあんなに咲き乱れていたのに。

一種類だけすごく小さな白い花をみつけた。

 

ツルアリドオシ

アカネ科 ツルアリドオシ属 (Wikipedia) 多年草

 

 

Mitchella undulata (fruits s4).JPG

実もつけるようです。Wikipedia  (Int.CommonLicense)

 

 

雨上がりの青葉の森。藪蚊が多かった。

 

 

初夏を前に成長期の木々には潤いをもたらした雨だったようだ。

 

 

紫陽花でこの写真を撮りたい。

ぶらぶらのんびりしてたら、時計忘れていて、カメラで時間を確認したら10分前。大汗を書いて駐車場まで駆け上がりました(笑)

2016/6/12 大衡 万葉の森

各所にある木のオブジェ、地元の作家さんがここに関わっているのかな。美術館も併設されていますし。周囲の空間と調和していて味わいがある。よくこういった場所にはとって付けのオブジェが置いてあったりするものだが、私はあまり好きではない。しかし、ここにあるものは素晴らしい。心が篭っているような、魂が吹き込まれているような、そんな愛嬌のある作品が各所に置いてある。

 



蓮がもうすぐ一斉に咲きそうです。

 


素敵なトンネル

 



色々なアジサイが咲いていました。花名の札と、万葉集からの歌が各所にあり楽しめる。

 

開門一番乗りで4時間ぐらいのんびり歩いて楽しいひと時を過ごしました。

 





 

2016/6/10 朝(出社途中)

 

後白髪山、三峰山、泉ヶ岳

久々に朝に透き通った空気の快晴。ほぼ一ヶ月ぶりじゃないだろうか。霞んでたり曇ってたり、晴れても眺望のいいことは滅多に無い。

 

 

2016/6/8 4時起床 ミント

Water drop on the leaf  (100mm F8 0.4sec ISO100, リアルレゾルーション, 三脚使用, トリミング)

 

 

Water drop on the leaf  (100mm F8  0.4sec ISO100, リアルレゾルーション, 三脚使用)

 

 

すくすく成長中。今週末、摘めそう。別に買ってきた鉢のミントは、摘んだら萎んでいった。枯れそう。なんで!

 

 

2016/6/7 お昼、大年寺公園

マクロレンズ手にすると、普段は遠くの景色ばかりみていて、あまり普段目にとめない小き世界に目を向けようとするのが面白い。

 

ぶ~~ん

 

 

はっちもお昼ごはん

 

 

何蜂かは分からない。種類多すぎ。

 

 

これは! 前足で三角、山ポーズ! せーのっ、山!!

 

 

こわっ ここにもクマー(蜂)が。

 

 

手のひらを太陽に。

 

 

道端のお花。

 

 

道端のお花。

 

2016/6/6 お昼に野草園



ユキノシタ

 

 



ハクサンフウロ

 

 


コマクサ

 

 


ミヤマヨメナ

 

 


爺と子

 

 







樹脂粘土 軽食コーナー傍の展示場

 

———-

2016/06/03 日の入り間に合わず。後白髪山、三峰山、泉ヶ岳

 

 


2016/06/03 日の入り間に合わず。左、大東岳。

 

 


2016/06/03 日の入り間に合わず。

 

 


2016/6/3 お昼、広瀬川, SONY α100, 50mm単焦点マクロ

 

 


2016/6/2 お昼、青葉の森

 

 


2016/6/2 お昼、青葉の森

 

 


2016/6/2 お昼、青葉の森

 

 


2016/6/1 近くのマンションのお花(Pentax K-3II 48mm, 16-85WR)

 

 


2016/6/1 近くのマンションのお花(SONY-α100 50mm単焦点 マクロ)

 

2 件のコメントがあります。

  1. 味わいのある写真です!

    やはり、マクロレンズ。
    近い所に被写体はありますよね。

    写真を通してみると、大年次山・青葉山が違った場所に見えてくる不思議さがありますね。

  2. 74monnさん、こんにちは!

    写真、奥深いですね。最近、桜井さんという船形山の写真家の作品に衝撃を受けまして、あれはフィルムなのかなあ・・・。でもPentaxデジ一も使っているというし、謎。なんか作品を見るにつけ、あれは現像を一切してないんじゃないかなあという、手を入れた感がまったくないんですよね。精進に精進が必要だ。

    マクロ楽しいですね。100mm以上のマクロがあると写真の世界が変わりますね。ただ100mm以上だと、息を止め続けて、「俺はまだいける、まだいけるんだー!」と、言いながらシャッターを切るまで待ちつつ、その苦しさから来る興奮で体が打ち震えてしまいます。

    嘘です。信じちゃダメ(笑)

コメントを残す