0

月山 – クイッキーを楽しむ

好天予想。今週は気分を変えて月山へ。船形山から西を見ると、圧倒的な存在感でそびえる月山ですが、月山から船形連峰を見てみたくもあった。
昨シーズンの雪の少なさは、かつてあるのでは30年前ぐらいという程らしい。月山の夏スキー場も10日程前倒しでリフトのサマーシーズンへの切り替え工事が始まるそうです。来週末が最後の夏スキーとなる模樣。多分、昨シーズンの雪では最後となるであろう、残雪の月山をクイッキーで楽しんできました。

月山スキー場山頂駅より姥ヶ岳まで

リフトは8時オープンなので、この少し前あたりに到着予定で、6時出発。忘れ物したりなんだりで少し遅れましたが、8時過ぎぐらいにはスキー場駐車場へ。ほぼ満杯でした。日帰り夏スキーには早めの到着が必要そうです。500円の1回券でリフト山頂駅に。9時に到着してスタート。南方面には朝日連峰がそびえる。今までに見ていた遠い山だった朝日連峰とは様相が異なり、随分近くに連なる。朝はまだ雲が多かったですが、迫り来るような朝日連峰に見とれつつ、午後の大快晴予報に期待して気持ちのいい残雪ゲレンデを上がります。
BCの方も含めスキーヤー、ボーダーで大賑わい。山頂付近も既に雪が少ないことからBCな方は少なかったですが、それでも担いで登っていく人がちらほらおられました。実は、学生の頃には狂ったようにスキーに行っていた私。年30~40回を4,5年続けていた。進学したのもあって、スキー仲間やバイト仲間が就職したりで周りにいなくなったり、上達の余地がもはや殆ど無くなったりでやめてしまい、もう20年板を着けていない。そのうちBCを始めるかもしれませんがどうなるだろう。山は、基本的に単独や少人数行が好きなのでBC向きでないのと、BCはお金かかりすぎるのがネック。揃えたところで年数回が限度だろうし、それじゃもったいないかなあと。

 

姥ヶ岳

姥ヶ岳につくと、美しい鳥海山がお目見えに。もうここで1日過ごしてもいいぐらい気持ちのいい場所だった。その後、木道で整備された山道や急斜面で雪にまみれつつ、月山へ。

 

月山頂上

刈田岳の神社も立派ですが、月山も修行の場でもあっただけあって素晴らしい神社が建立されています。山頂にバイオ式トイレもあり(協力金100円)、北には鳥海山、北東には栗駒山、南には朝日連峰と飯豊連峰、南東には蔵王と素晴らしい眺望です。

 

下山、クイッキー

生憎と東の船形連峰は雲の中。楽しみとしていた月山からの船形連峰の光景を見ることは叶いませんでしたが、お昼を食べて、帰りは早々にクイッキーを取り出す。すっばらしく気持ちの良い滑降を楽しめました!BCやらずともクイッキーで十分楽しめるではないか?と思うほどに月山のこの時期はクイッキー向き。

山頂から下山までくまぷーで通しましたが、下のリフト駅から駐車場までは、皆にこやかに(痛そうに!?)笑いかけてくれます(笑) 「くまがおる!」「くまかわいい」「ママ、僕もあれ欲しい」駐車場では写真を撮らせてくれと頼まれました。あはは。(いい大人が・・・)

 

【タイムライン】

気温15℃前後、曇のち快晴、虫少なし
09:00 月山リフト山頂駅
09:37 姥ヶ岳 09:53
12:05 月山 15:00
16:44 月山リフト山頂駅
17:19 ゴール地点9.6km /獲得標高登り591m 下り945m/8時間21分あいも変わらず山頂に3時間居座る(笑)

 

【アクセス・駐車】

月山スキー場
駐車場500円。リフト一回券500円。
駐車場にトイレ、リフト乗り場にトイレ、山頂にもトイレ。山頂トイレは協力金100円です。

 

【山行ルート】

やや急斜面な残雪箇所ありますので、軽アイゼンでもあれば完璧でしょう。車には積んでいきましたがデポしていきました。滑落するような斜度の場所はあるにはありますが、下は落ちていっても大丈夫な場所が多いので夏靴でも大丈夫かと思います。4本爪アイゼンでもあればすごく楽かと思います。

 

【スナップ写真】

リフトで山頂駅へ。この辺りまでまだ下にありましたが、しばらくするとリフト下も、もう雪も消える。本当に雪の少ない年だった。

 

 

リフト駅から姥ヶ岳へ。左手は蔵王連峰から二口まで向かう山の連なり。一番左、切れかかってるのが大東岳。そしてその右に、神室、蔵王と続き、右手に遠くに見えるのは吾妻です。

 

 

朝日連峰が近い。常に西に見る山だったのですが、今日は南にそびえ立つ。

 

 

スキーヤーで大賑わい。多くの人は担いで登っていますがBCではなく、この上にTロープがあるので、そこに向かっています。本格的な山頂近くまで行くBCの人は5%もいなかったかな。

 

 

思ったより雪が硬かった。このあたりアイゼンあったほうが楽そうではありますが稜線から先はほとんど雪が無い模様なので重さも考えてデポしてきた。こんなときに軽い4本爪あたり持っていると楽かもしれない。

 

 

月山が見えてきました。立派そうな神社も小さく見え始める。

 

 

月山を背景に姥ヶ岳着。

 

 

少し北に回ると鳥海山が。広角、小さく見えますが、

 

 

 

アップ。肉眼では大きさはこんな感じです。美しい。

 

 

更にアップ。撮って出し。85mm。風景の望遠はこのあたりで十分ですね。必要に応じてトリミングすればよい。下のようなお花で、近寄って撮れない時に望遠マクロが欲しくなる。

 

 

ハクサンイチゲでしょうか。咲き乱れる。近寄れない。

 

 

85mmで何とか。見渡すも遠くにしか咲いていない。開放でもさすがにぼかすことは出来ない。

 

 

しばらく歩くと山道脇にチングルマ。間もなくですね。リフト駅にあった花解説を見るとこれだと思います。以下、それ頼りの花名紹介。

 

 

BCな方、月山を目指す。絵になる。

 

 

山頂へのガレ急登が始まると高山植物がたくさん向かえてくれました。チングルマ。

 

 


コイワカガミ。

 

 

ミヤマキンバイはそこかしこに満開。

 

 

ハクサンイチゲ。

 

 

氾濫原にも咲いていたシラネアオイ。見た時は違うかなと思いましたが、後で解説みたらシラネアオイ。

 

 

ガスに巻かれ始める鳥海山。

 

 

見上げると白虹が。新調したレンズ、逆光そこそこ強くて嬉しい。フレア少なめ。

 

 


眺望と天気とお花にほくほくしながら山頂着。

 

 

今日もカレー!野菜レトルトカレーにさらに、豆いんげん、ナス、パプリカを入れ、水多めに少しスープっぽく。フランスパンのブールをくりぬいてスープたっぷりかけて完成。くり抜いたパンをちぎりつつスープに浸して食べる美味しさ。

マンゴー、トマトのサラダ。調味料は専用の調味料。いつものデザートには今日はマンゴーも投入。美味。

 

 

月山神社と鳥海山。もったいないほどに美しいです。

 

 


朝日連峰の奥に、飯豊連峰。

ミネズオウ。山頂。

 

 

ハクサンイチゲ。

 

 

お目当ての船形山はあの雲の下。残念。また来ましょう。

 

 

ショウジョウバカマもまだ咲く。

 

 


頂上付近より西方向。名残惜しい眺望が広がりますが下山。

 

 




今日は朝日の奥にも飯豊連峰も顔を出しており、美しい景色を眺めながら、クイッキーを盛大に使い下山。とっても楽しい!

 

 

月山山頂にも新緑迫る。

 

 

夕陽は拝めませんでしたが。

 

 

染まる月山には拝めました。

お約束のクイッキーの結末

 

 

【GPSログ】

 

コメントを残す