氾濫原 – 新緑と雨の匂い

 

つい2週間ほど前に行って感激した氾濫原を再訪。今日の氾濫原は、新緑の小雨狙いです。このためにもペンタックスにして防滴レンズにしたのもあって願ってもない日和となりそうな天気予測でしたが、狙い通りの最高!?の天気となりました。時雨れる程度の小雨が降る中、くまぷー被って、あっちへこっちへとうろうろ。

氾濫原入り口では、これまた船形山の主みたいな方との出会いが。船形山からブナの便りをやっておられる方でした。船形山行きだしてから、たまたまの出会いなのか、はたまた。船形連峰に魅せられている人は多そうです。

季節を問わず、あまり天候も気にせず、山、森、木々、そして、花々の季節の変化、その時時の天候により変わる表情をのんびりと楽しんでおられる方達と立て続けに出会いがあり、自分の楽しみ方と似ているので嬉しくなってしまいました。私もいつか森の声が聴こえるかな。子供の頃はよく聴こえていた気がします。氾濫原につくと、拠点位置もオススメいただき、いそいそと椅子を設営。その後、このお二方は、近くの滝へと向かって行きました。その後、私は時雨てきたので、くまぷー被って、カメラ持って、氾濫原をうろうろ。途中、7,8人の山行パーティーの方々にケラケラと笑われました(笑)靄(もや)がかかった山並みも定義か船形山のどこかへと、そのうち見に行きたいものです。

 

単焦点レンズのαを持って行ったものの、花はほぼ終わっており、使わずじまいでした。

 

※以下、現地へのアクセス含めまして、一部、文章、および、写真の訂正を検討しましたが、消すのはちょっとずるいかなとも思いましたのでそのままにして、ここに加筆と致します。コメント欄もご参照下さい。林道につきましては、桑沼側はゲートが開けてありましたが、桝沢林道は依然として通行禁止となっております。通行禁止林道につきましては、宮城北部森林管理局から正式に情報は出ていますのでご参照ください。

 

【アクセス・駐車】

桝澤林道、氾濫原ほぼ真北あたり。駐車スペースあり(7,8台)。大倉山を経由しないショートカットルートですが、踏み跡はしっかり、藪漕ぎなし(季節によると思われる)。駐車位置から6,7分で氾濫原に着きます。平坦な道。普通車でも多分行けると思いますが、自己判断で。旗坂キャンプ場へは、倒木と落石は撤去済み。崩落箇所も多少修復されており、車は通れます。旗坂キャンプ場終点に封鎖ゲートありますが。簡易。普通車でも多分いけますが、これまた自己判断で。歩いていたら一台普通車が通過していきました。

 

【スナップ写真】


シロヤシオ。多くはありませんが、咲き頃。雫したたり、気持ちよさそうです。

 

 

 

雨の匂いがしそうです。

 

 

 

オニゼンマイ。あのカマをもたげるような、芽吹き始めのいかつかった頃と大違い。

 

 

 

雫を乗せ気持ちよさそう。

 

 

 


雨の新緑はいいものです。

 

 

 


僅かに咲き残りが。

 

 

 

シラネアオイ。

 

 

 

ランチ!フルーツサンド、明太子パスタ。

 

 

 

くまぷーも雨を浴びて少し元気が無い。

 

 

 


椅子に座りながら周りの景色。ゆっくりと時間が流れます。

 

 

 

マイベース。なぜかいつも背負重量15kgを超えてしまう。たっぷり時間を過ごして13時過ぎに戻りました。

 

 

 

道はこんな感じです。踏み跡しっかり。

 

 

 

入り口ここ。

 

 

 

旗坂キャンプ場へと歩いて往復してみましたが、倒木、落石の撤去は終わっているみたいです。

 

 

 

旗坂キャンプ場。