4

船形山 – 大滝ルート

大滝林道は開通。雪一切なし。以前ヤマレコで、四駆RV推奨と書いたが、慎重に行けば普通車でもOKかもしれない。ただし、段差は慎重に斜めに横切るべし。倒木無し。旗坂手前より、大滝林道に入り、そこからは未舗装林道となりますが、そこまでひどくありません。定義林道の方が凸凹がひどいかもしれない。林道に入ってから約30分です。

あまりの快晴予報に、夕陽を拝みたく、午後時間を作って船形山へ。したがって大滝キャンプ場。前日に主よりメールを頂き、林道はもしかしたらまだ早いか、といった不安はあったものの結果はノープロブレム、大滝キャンプ場まで全線開通でした。すばらしいブナ新緑がこのあたりも始まっています。もう1300mあたりまで新緑の波が来ています。山頂まで到達するのも間もなくでしょうか。快晴の青空のもと、春の木々の花が咲き乱れ、気持ちの良い山行でした。夕陽を拝んだ後に下山ですが、もう間もなくキャンプ場に着く頃、笹ヤブの向こうから、ガサガガサガガサササ! ブヒー! びっくり(笑)

久々の日帰り山行で、背負重量6~7kgでした。最近16kgぐらいを毎山行背負っていたためか、何も背負っていないかの如くの空身のような軽さ。下山後まったく疲れもなく、美味しくラーメンを頂いて帰りました。

—–

16-85mm WR & 一眼K 新調したペンタックス最高!

 

【スナップ写真】


大滝キャンプ場。ちょうど、60過ぎぐらいの夫婦と思しき方が下山しておりました。

 

 


新緑溢れる大滝コース登山道。

 

 


目指す船形山です。といっても大滝キャンプ場からは2.5kmしかない。初登頂の時の、暴風で苦労したあげくでの充足感とは偉い違いだ(笑)

 

 


嬉しくて何度もシャッターを切ってしまう。ブナ新緑は美しい。

 


春の樹木の花も咲き乱れる。

 

登頂!さて、夕陽タイムまでお散歩です。左手に月。

 

 


ミヤマキンバイ。今が満開です。

 

 


ツガザクラ、陽を浴びてキラキラ輝く。

 


これは桜なのだろうか。樹木の感じはそうなのですが、やけに低木の灌木。花も似ているけど。

 

 


斜面を駆け上がり迫り来る、新緑の波。

 

 


絶壁。怖くないもん。(スマホ撮影)

 

 


珍しい花ではないのですが、とてもキュート。あちこちに咲き乱れていました。

 

 


これからどういう花をつけるのだろう。6月かな。

 

 


夕陽を拝んで帰りましたとさ。夕陽の撮影はRAW現像も含めてダメダメでした。勉強してきます。

 

 

4 件のコメントがあります。

  1. おはようございます。

    カメラのことはよくわかりませんが、最高のペンタックスおめでとうございます!!
    写真、十分に楽しませていただきました(^^♪

  2. おはようございます!コメントありがとうございます。

    まだまだ未熟者なのですが、構図や撮影条件、RAW現像について楽しく学んでいます。

    #二週間弱程度の間に、船形山の滞在日が5日。やっぱり濃かったです!

  3. 遂に念願のカメラを手に入れたことも有り、ガンガン楽しみます!

    先ほど行ってまいりましたが、氾濫原は花が無くとも実によいとこですねえ。新たな船形の主的な人が、手網でお昼を調達しようとしていましたよ。

コメントを残す