桑沼

この場所について

泉ヶ岳の東側、大倉山の麓にある沼。大倉山への登山道の途中から見下ろすことができる。紅葉のときは、特に美しく湖面が凪いでいると水面に、大倉山から北泉ヶ岳の稜線下の山腹とともに沼周辺の樹々の紅葉が相まり、美しい光景が見られる。林道の傍にあり、アクセスは良い。桑沼を半周できる遊歩道が整備されており、しばらく歩くと東屋がある。その先へと進むと、大倉山の尾根へと接続する急登の登山口があるが現在はロープが張られ廃道となっている。行けないこともないが危ない箇所もあるので注意を要する。下り、濡れている場合にはかなり危険度が増す。近くにスズ沼、ハス沼もある。

 

ここへの行き方

泉ヶ岳を越えてスプリングバレースキー場を通り過ぎ、大平桑沼林道を進むと10分ちょっと。スプリングバレーを少しすぎると林道はダートに変わるが食わぬままでの道はそれほどひどくない。林道分岐に当たる場所に出ると、比較的広いスペースがあるのでここに駐車可能。旗坂へ向かう左側の旗坂林道を更に進むと、徒歩1分で左手に桑沼が見える。このあたりも道幅はあるので数台なら駐車は可能。桑沼周辺には遊歩道が伸びており、沼周辺を歩くことも可能。そのまま進むと大倉山登山道となるが現在は崩れて閉鎖中である。

 

アクセス

%e6%a1%91%e6%b2%bc

地理院地図はこちら

桑沼関連記事はこちら

 

 

桑沼半周の遊歩道沿いにはブナが林立し、黄葉の時期は黄色に染まる。訪れる人も多い。

 

 

検索用:船形スポット

メモ:

2016.10.25 沼周辺の紅葉 最盛期

2016.12.13 スプリングバレー前の道路除雪、雪止めで車両通行不可

2017.10.28 雨が続き満水。