オウギタケ(食)

基本情報

  • 傘色 傘は淡い赤色。古くなると黒い染み。ドクベニタケとくらべて赤みはない。
  • 傘面 4~6cm、饅頭体からやや平らになっていく。湿っていると粘性あり。
  • 傘裏 ヒダは垂生で、ドクベニタケと比べて間隔は広い。初めは灰色で徐々に淡い紫色を帯びていき、粗く、密に並んでいない。
  •   オウギタケのツカは根元付近がより細く、色は上部は白に近く、下部は段々と茶褐色になるグラデーション。ツカの上部には綿毛状のツバが残ることあり、表面にはササクレが見られます。
  • 場所 広葉樹林~針葉樹林にかけて広範、菌根菌
  • 時期 初夏~晩秋
  •   アミタケと共生関係だが、オウギタケだけがありアミタケが無い場合は無く、アミタケに寄生関係とも言われる。育つと傘が開き、柄と逆三角形(扇状)になる。チシオハツ(毒)、ドクベニタケ(毒)と似たような色の時もあり、ツバがなかったり、よく分からなければ採らない。
  • 匂い 淡い甘い香り。壊れやすいく崩れたものが多い。

特徴

傘色が赤~薄紅で、パット見、似たようなキノコがいくつかあるので注意を要するキノコ。

似たキノコ

ドクベニタケ(毒)、チシオハツ(毒)、サクラシメジ(食)

判別

ドクベニタケ、チシオハツとの違いは柄の密と傘色で判断。オウギタケのヒダはあまり蜜でなく、ドクベニタケのようなはっきりとした白色ではないが、若い場合白いので注意が必要。ツバの様子など総合判断が必要。

食用

ご飯、汁物、煮物。たいてい一緒に採れるアミタケとともに調理。上品なヌメリがでる。

 

 

検索用:キノコ図鑑