アミタケ(食)

基本情報

  • 傘色 傘は赤みのあるチチアワタケと異なり、黄色みのある黄土色・黄褐色~オレンジ色。(注)茶色い場合もあるので色だけでチチアワタケとの違いを判断してはいけない。
  • 傘面 直径は5~12cm、饅頭型から、大きくなるとやや反り返る。雨の後、湿度が高いと表面はややぬめる。
  • 傘裏 傘の裏は網目状。他のイグチ系とは異なり穴がやや大きい。傘が開くと網目も大きくなる。安全ピンが通る程度。色はオリーブ色、黄色。
  • 柄  2~6cmほど。傘より薄い色。ほぼ同じ太さ。ヒダや点などはみられない。
  • 場所 マツ林、地面(菌根菌)
  • 時期 夏~秋
  • 他  オウギタケが共生することがある。茹でると紫になる。
  • 匂い 匂いは特になし。

特徴

大型のキノコで存在感があるが、一見、美味しそうには見えないが、バターのソテーやパスタの具によく合う。味は濃い。幼菌の頃が傘の表面が特徴的でぼそぼそとしてデコボコが傘の表面一面に広がる。成菌になると傘が広がり、デコボコがなくなり割れてくる。割れた部分の肉は黄白食のパンのように見える。

似たキノコ

チチアワタケ

判別

傘裏のヒダがイグチ系の特徴である網目状であるが、網目は粗い。アミタケは安全ピンが通る程度、チチアワタケはマチ針が通る程度で蜜と覚えると良い。ピンク色のオウギタケが混じっていれば確度も若干あがる。茶色っぽいものについては、アミタケは遠目で黄色、チチアワタケは遠目にピンク~赤である。個体によって色での判断が難しい場合は、網目の大きさ、それでも分からなければ採らないほうがよい。

食用

茹でると紫になる。美味しいキノコ。味噌汁によく合い、茹でて大根おろしをかけて醤油で食べると美味い。

 

検索用:キノコ図鑑